きちんとメンテナンスすれば長く綺麗に使える

機械式時計はどこかレトロな雰囲気が漂うお洒落な時計なので、ファッションとして身に付けるのにお勧めです。しかし、機械式時計は日頃からきちんとメンテナンスする必要があります。まず、毎日必ずやっておきたいのが時刻合わせです。機械式時計は、毎日数秒から数十秒ほど時間がずれてしまいます。この修正が面倒だと思う人もいるかもしれませんが、愛着が湧いてくると意外と楽しい作業です。毎朝テレビの画面に表示されている時刻を見て調整するのが良いでしょう。電気の力に頼らず、ゼンマイと振り子を使うだけのシンプルな構造で動く時計は、素晴らしい技術だと思えてくるはずです。

こまめに眼鏡拭きを使って磨いてあげよう

機械式時計は、定期的に汚れを取り除くと長持ちします。風防(時計の文字盤を覆っている透明な板状のカバー)の部分は眼鏡拭きを使って、丁寧に磨きましょう。毎日使っていると、汗や水などで汚れてしまう可能性が高いのでこまめなお手入れが重要です。また、風防がプラスチックの場合は、プラスチック専用の研磨剤を使うと非常に綺麗になります。

その他にも、時計の溝などの細かい部分は、爪楊枝を布でくるんで掃除する方法があります。爪楊枝なら細かい汚れも綺麗に取り除けるのでお勧めです。このように、機械式時計は繊細で少し手間のかかるお手入れが必要な時計ですが、その分耐久性にも優れ長く使えるので、日頃から想いを込めてメンテナンスしましょう。そうすればきっとあなたの腕で輝き続けるでしょう。

パテックフィリップ」は1839年創業のスイスの高級時計メーカーです。自社の時計であれば、どんなに古いものであっても修理できるという「永久修理」をうたっています。