ペットの購入方法は大きく分類して3種類ある

ペットの購入方法は大きく分類するとペットショップとブリーダー、通信販売の3種類があります。この3つの中ではペットショップで購入するという人が多いでしょう。ペットショップの価格帯は、需要と供給によって変動します。そして、血統書つきのペットの需要が高いため、ペットショップで取り扱いがあるペットは基本的に純血種となっています。優良店であれば、小さいうちにキチンとしつけが行われてワクチン等の接種も済んでいるため、健康的なペットを購入する事が可能です。

ブリーダーから購入する場合はペットショップを経由しないため、リーズナブルな価格で購入する事が可能です。しかし、ブリーダーの質にかなりバラつきがあることから、信頼出来るブリーダーを選んで購入する必要があります。また、最近はペットを通信販売で購入する事も可能になっています。通信販売では、ペットショップやブリーダーからの仲介を行っています。選択肢が増えるというメリットもありますが、健康状態や毛並みなど実際に自分の目で確かめる事が出来ないというデメリットもあります。

ペットを選ぶポイント

購入方法を選んだ後は、個別にペットを選ぶ事になります。ペットは何を基準に選べば良いのでしょうか?まず予算に収まるかどうかも重要ですが、価格よりも重要視して欲しいのはペットの健康状態です。生育環境によって健康状態は大きく異なります。また、人馴れしているかどうかも購入時に確認したいポイントです。ペットは生後4ヵ月の生育環境で性格が形成されます。ペットショップやブリーダーによっては、飼い主に対して入手条件が課せられているところもあるため、入手条件をクリア出来ているかどうかも確認しましょう。

多くのお店が存在すれば、それだけ希望通りのものが買えます。子猫販売も同様で、子猫販売なら東京が多くのお店があるのでベストと言えるでしょう。