ペットショップが一般的

犬や猫などのペットを家族同然で飼っている人は少なくありません。仕事から帰った時に可愛らしいペットが出迎えてくれたらきっと癒されますよね。そんなペットを購入する際、ペットショップを利用するのが一般的です。ペットショップではペットを購入できるのはもちろん、エサやゲージなどのあらゆる飼育用品も一緒に購入できるのがメリットです。また、店員さんもペットの知識に精通しているため、育て方のコツなど分からないことについて詳しく質問できます。特に初めてペットを自宅に迎える方は何かあれば頼ることができるため、飼育する上で安心です。

動物愛護センターから引き取る

動物愛護センターや保健所などに引き取られた犬や猫を引き取って飼う方法もあります。基本的に愛護センターではきちんとしつけて人に懐いているペットだけを引き取りの対象にしています。そのため、自宅に引き取ってもしつけがしやすいと言えます。ただ引き取りたいといっても、すぐに飼えるわけではありません。愛護センターではペットが安心して生活できるように、飼い主としてふさわしいか厳重に審査をするからです。愛護センターを利用すれば無料でペットを引き取れますが、審査があることは知っておいた方が良いでしょう。

ブリーダーからの購入

ペットの買い方としては、ペットの繁殖や飼育を専門に行っているブリーダーから購入するという方法もあります。ブリーダーを利用する最大のメリットは直接ペットを迎えられるため、購入する費用を安く抑えられることです。そもそもペットショップのように中間業者で発生する金額がないことから、経済的に優しいと言えます。また、ブリーダーは繁殖の専門家ですから、優れた血統のペットを入手できることもメリットです。

東京ではペット可のアパートやマンションが多いので、犬を飼いたいが方が多くいます。そのため、子犬販売なら東京がおすすめです。