身近にあるペットショップ

犬や猫といったペットを買う方法としては、まずペットショップが挙げられます。ペットショップは身近な場所にあることも多いため、気軽に立ち寄ったり買ったりすることができます。子犬や子猫が売られていることが多く、その種類もさまざまですし、実際に店内で見ながら検討することが可能です。そして、ペットフードやケージといった飼育に必要なものも販売されているので、ペットと一緒に購入することもできて便利でしょう。さらにペットショップには専属の獣医師がいることが多く、中には動物病院が併設されたところもあるため、何かあったときに相談できるという安心感があります。ただし、ペットショップは値段が高くなる傾向があることや自分が欲しい種類がいるとは限らないという点に注意が必要です。

安く買うことができるブリーダー

ペットを買う方法として次に挙げられるのは、犬や猫などのペットの交配や繁殖を行っているブリーダーから買うということです。ブリーダーの場合は、比較的安く買うことができるということが大きな魅力になります。中間業者を通すことなくブリーダーから直接買うため、ペットショップよりも安くなります。そして、ある程度社会性を身に付けさせたり、ワクチン接種などを行った後のペットが販売されるので、買った後のトラブルが少ないということも特徴です。ただし、ブリーダーは飼育に広い土地が必要になるため、都市部にはあまりいないのが普通です。そのため、ペットショップのように気軽に立ち寄ることができない場合も多いということが注意点になります。

子犬販売とは、ペットショップを通さずに直接購入することができるお手軽な方法の事です。里親とはまた違い、健康的で可愛い子犬を家族にすることができます。