ペットの体調の良し悪しは店での飼育環境で決まる

ペットを飼う際、現在では専門のペットショップで購入するのが一般的な方法です。手軽に利用出来る他、珍しい種類のペットとの出会いもペットショップの魅力の一つですが、ペットの体調はお店での飼い方に大きく左右されます。どのような種類であっても適度に栄養を与えて清潔な環境で飼育するのは絶対条件ですが、それに加えて種類ごとに最適な環境を整えている所が優良店舗と言えます。逆に種類に関係無く一か所に押し込めているような所は避けるのが賢明です。例え衛生管理に注意していても、ペットの精神的な負担には全く配慮していないことが疑われます。また、そのような店舗は病気に罹患していることを隠すなど不誠実な営業を行っている可能性が高いため、利用しないのが無難です。

優良なお店は売れ筋を置かない

ペットショップにとって最も売れ筋と言えるのは小さい子供です。犬や猫などどの種類であっても、大人より子供の方が売れる傾向があります。しつけが容易で懐きやすい他、見た目が可愛らしいのも良く売れる理由です。逆に大人になると改めてしつけを施すのが難しく、人に懐かないことも珍しくありません。売る側にとっては不良在庫になるリスクが高いことから、利益を重視する所は優先的に子供を売る傾向があります。しかし、乳離れもしていない子供を親から引き離すのは非常に大きなストレスになり、健やかな成長を大きく阻害する原因になります。利益追求に特化した所は売れ残った大人の個体を殺処分するケースもあることから、売れ筋である子供を置かない店舗はペットの健やかな成長を大切に考えている優良店舗と見なすことが可能です。

とにかくペットショップなら東京で決まりでしょう。その理由は全国的にみても最も多くのペットショップがあるからです。